十角館の殺人実写化のキャスト相関図一覧!登場人物どうやって再現するのかも徹底調査!

十角館の殺人実写化のキャスト相関図一覧!登場人物どうやって再現するのかも徹底調査!
Pocket

ベストセラー推理小説『十角館の殺人』が実写化することになり、話題を呼んでいます!

『十角館の殺人』は、綾辻行人先生のデビュー作であり、過去に漫画化もされている作品です。

そんな『十角館の殺人』ですが、長らく実写化不可能と言われてきた作品で、キャストやどうやって小説を再現するのかにすでに注目が集まっています。

たくさんの登場人物がいるため、混乱する人も多いと思います。

そこで、この記事では実写化キャストの予想や、登場人物の相関図について一覧で解説していきます!

登場人物の多さでストレスを感じないためにも、この記事の相関図一覧を参考にしてみて下さい

また、なぜ実写化が不可能だと言われていたのか、と気になる方もいらっしゃいますよね。

これは作品のトリックなどが関わってくるようですが、それをどうやって再現するのかについても予想してみました。

ぜひ最後までご覧ください!

 

十角館の殺人実写化のキャスト相関図一覧!

十角館の殺人実写化のキャスト相関図一覧!登場人物どうやって再現するのかも徹底調査!

『十角館の殺人』に登場する主要キャラクターたちを、相関図で紹介します!

※まだキャスト情報が何も出ていないため、今回はコミック版の画像を使用しています。

メインキャラクターのミステリ研究会のメンバーが、角島と本土でそれぞれなぞ解きをしていく形式になっています。

過去の事件も絡んでくるため、登場人物が多くて混乱するかもしれません。

ですが、ミステリ研究会メンバーの個性が強いので、比較的覚えやすいみたいです♪

 

十角館の殺人のあらすじ

『十角館の殺人』は人気推理作家、綾辻行人先生のデビュー作です。

「館シリーズ」という現在も続いている人気シリーズの一作目でもあり、タイトルの通り館が舞台になっています。

ある大学のミステリ研のメンバー7人が訪れたのは、奇妙な十角形の館が建っている孤島・角島(つのじま)。

その館を建てた建築家・中村青司は、半年前の殺人事件で死亡しており、つまりそこはいわくつきの島というわけです。

一週間の合宿を過ごす予定だった彼らですが、やがて凄惨な連続殺人事件に巻き込まれてしまうことに。

一方、本土側では、元ミステリ研究会メンバーの江南の元に、死者からの脅迫状が届いていました。

本土と島で進むなぞ解き、さらに過去の事件も絡み合い、物語は驚愕の結末を迎えます。

その度肝を抜くような仕掛けに、記憶を消してもう一度読みたい!、という読者が続出しているんです!

 

十角館の殺人のスタッフ

『十角館の殺人』に関わる制作陣について紹介します!

現在、公式ホームページを見ても、キャストの部分は灰色になっており、ページ自体が公開されていません。

キャストがドラマの重要なカギになってくるため、キャストの公開自体が非常に難しい作品だと思います。

スタッフとして公開されているのは、監督の内片輝、脚本の八津弘幸です。

監督の内片は、過去にも綾辻先生が原案のドラマ「安楽椅子探偵」を映像化した経験があります。

綾辻先生に監督自らが映像化を打診したようで、長年実写化を夢見ていた作品だということを告白しています。

このドラマ化にかける熱意がうかがえますね!

また、脚本を手掛ける八津は大ヒットを記録した「下町ロケット」「家政夫のミタゾノ」などの話題作を手掛けてきました。

人間ドラマ、サスペンス、人情劇からミステリーまで幅広い作品を作ってきた八津と内片の超強力タッグで実現できたドラマ化・・・。

『十角館の殺人』がどう映像化されるのか、非常に楽しみですね♪

 

十角館の殺人実写化の登場人物をどうやって再現するのかも徹底調査!

『十角館の殺人』に登場するキャラクターについて簡単に説明していきます。

この小説には、ざっくり分けて三つのグループが存在しています。

  • 角島に滞在中の推理小説研究会メンバー
  • 本土にいる人間たち
  • 角島の過去の事件に関わる人間たち

この三つに所属している主要キャラクターたちを、簡単なプロフィール付きで紹介していきます!

1・角島に滞在中の推理小説研究会メンバー(50音順)

推理研究会に所属している大学生たちは、それぞれ、有名な推理小説家のあだ名をつけて呼び合っています。

  • アガサ:薬学部の三年生。長い髪の女性で、はっきりとした物言いをする。あだ名の由来はアガサ・クリスティ。
  • エラリイ:法学部の三年生。気障な発言が目立つ青年。あだ名の由来はエラリー・クイーン。
  • オルツィ:文学部の二年生。ショートボブの女性で、アガサと対照的な大人しい性格をしている。あだ名の由来はバロネス・オルツィ。
  • カー:法学部の三年生。エラリィをはじめ、他のメンバーにくってかかることが多い。あだ名の由来は、ジョン・ディクソン・カー。
  • ヴァン:理学部の三年生。伯父が不動産関係者で、そのつてで合宿をサポート。あだ名の由来はヴァン・ダイン。
  • ポウ:医学部の四年生。基本的に穏やかな性格で無口ですが、たまに毒舌なことも。あだ名の由来はエドガー・アラン・ポー。
  • ルルウ:文学部の二年生。名前のように、小柄で童顔の可愛らしい男性。あだ名の由来はガストン・ルルー。

2・本土にいる人間たち(50音順)

  • 江南孝明(かわみなみ たかあき):元ミステリ研究会所属。好奇心が旺盛。過去のあだ名は「ドイル」。
  • 島田潔(しまだ きよし):寺の三男坊。兄が警官。
  • 中村紅次郎(なかむら こうじろう):高校教師。中村青司の弟。大学で島田と知り合った。
  • 守須恭一(もりす きょういち):ミステリ研究会の一人。冷静な男性。
  • 吉川 政子(よしかわまさこ):吉川誠一の妻。かつては青屋敷で働いていた。

3・角島の過去の事件に関わる人間たち(50音順)

半年前に事件が起きるまで、角島の屋敷には中村夫妻と北村夫妻が住んでいました。

  • 北村(きたむら)夫妻:使用人の夫婦。半年前に発生した事件で死亡。
  • 中村和枝(なかむら かずえ):青司の妻。北村夫妻と同じ事件で死亡。
  • 中村青司(なかむら せいじ):建築家で、十角館を設計。同じ事件で死亡。
  • 中村千織(なかむら ちおり):青司と和枝の娘。1年前に急死している。
  • 吉川誠一(よしかわ せいいち):屋敷の庭師。月に一度、泊まり込みで仕事をしていたが、半年前の事件の後から行方不明に。容疑者になっている。

 

十角館の殺人の実写化は不可能といわれている理由はなぜ?

これまで「『十角館の殺人』の実写化は不可能だと言われてきた」と何度か繰り返してきました。

なぜ実写化が不可能だと言われているのか、気になりますよね。

その理由はこの推理小説のトリックに深く関わっているんです。

そのため、ここで必要以上に深く話してしまうと、全てのネタバレになってしまいます。

ネタバレにならない程度に解説しますと、『十角館の殺人』には、伝説のような「一行」が存在します。

その一行で、全てが覆るほど重要な一文なのですが、このトリックが生きるのは、推理「小説」という媒体ならではのこと。

つまり、ビジュアル化、映像化してしまった時に、この小説のトリックは全て無意味になってしまうんじゃないか、という懸念が生まれるんです。

作者の綾辻先生も、どうやって実写化するのか、という部分が気になっているほど・・・。

ドラマは細部までこだわった作りとのことですが、一番重要なトリックを、どのように再現するつもりなのでしょうか?

 

十角館の殺人の実写化どうやって再現するのか

ここまで何度も実写化は不可能だと言ってきましたが、実は『十角館の館』は過去に漫画になっています。

つまり、絵という形ではありますが、小説のトリックをうまくビジュアル化することに成功しているのです。

その漫画では、漫画の絵柄を利用した手法で再現したそうなのですが、ドラマはどうするのでしょうか?

漫画では細かい設定が変わっている部分もあるため、ドラマでもある程度の改変が予想されます。

その改変を前提に、ドラマでできる範囲での再現をするのかもしれません。

正直、原作者の綾辻先生も「どうやって再現するのか?」と気になっているくらいなので、再現方法は非常に難しいものになると思います。

ですが、満を辞しての実写化ですから、原作を読んでいる方も、未読の方も満足できるような作品になっていることは間違いないはずです!

 

まとめ


ついに実写化される、ということで話題の『十角館の殺人』について、キャストを相関図や一覧で紹介してきました。

実は、登場人物を演じるキャストの公開が重要なカギになるため、現時点ではほとんど情報が公開されていません。

原作を読んだ方は、あの原作をどうやって実写化するんだ、どうやって再現するんだろう?と気になっていると思います。

この記事では、ドラマ化にあたって、原作小説のトリックをどうやって再現するのかについても予想してみました。

実際にドラマが放映された際には、こちらの記事の登場人物一覧や、相関図を参考に、ドラマを楽しんでいただければと思います!

『十角館の殺人』は、Hulu独占配信ドラマです。

Huluは月額1,026円で10,0000本以上のドラマやアニメ、バラエティが見放題です!

初めて登録する方には、お得な一か月トライアル期間も用意されています。

『十角館の殺人』が気になるという方は、ぜひこの機会にHuluに登録してみて下さい♪

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です