怪獣8号107話最新話ネタバレ確定!9号と8号はどっちが勝つ?

怪獣8号107話最新話ネタバレ確定!9号と8号はどっちが勝つ? 漫画

「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

Pocket

2020年7月3日から集英社が運営する電子図書配信サイト「少年ジャンプ+」にて連載されている、松本直也先生の漫画作品が「怪獣8号」です。

2024年4月には待望のアニメが放送開始され、飛ぶ鳥を落とす勢いとも言えるほどの人気作品であると言えます。

そんな怪獣8号の最新話である107話が、2024年5月24日に無料で公開されて、読めるようになりますね。

今回は気になる怪獣8号最新話107話の確定内容を詳しくネタバレ解説していきます。

長らく繰り広げられている怪獣8号と怪獣9号の戦いはどっちが勝つのか、そして怪獣やカフカの正体とは一体何なのかをチェックしてみてください。

また、どっちが勝つか予想もつかない、怪獣8号と9号のアツい激突の始まりでもある前話106話の内容についても、ネタバレを絡めて掲載していきます。

最新話である107話のネタバレ確定内容をチェックする前に、振り返りの気持ちでこちらもチェックがおすすめです。

 

怪獣8号107話最新話ネタバレ確定!

怪獣8号107話最新話ネタバレ確定!9号と8号はどっちが勝つ?

怪獣8号の最新話である107話は、2024年5月24日から無料公開されて読めるようになっております。

そんな107話の確定ネタバレ内容をチェックする前に、まずは107話へと繋がる前話106話を振り返ってみましょう。

識別怪獣である9号に対して、怪獣8号こと「日比野カフカ」はどのような戦い方を見せていくのか。

様々な人が見守る中、強敵怪獣9号を打ち砕くことができるのかを、ネタバレを絡めつつ徹底解説していきます。

それに加えて、106話の見どころや、実際に読んだというファンの感想も一緒に掲載しますので、チェックしてみてください。

怪獣9号との激しい戦いを繰り広げる106話を、最新話である107話を深く読み解くために改めて見ていきましょう。

 

怪獣8号の106話までのあらすじ

怪獣9号によって捕食され、そのまま消えてしまうかのように思われた亜白ミナでしたが、間一髪のところで日比野カフカが到着し、一命を取り留めます。

怪獣9号と相対する日比野カフカこと怪獣8号の様子は、中継映像を通して多くの人々の元へと届けられていました。

新たに表れた怪獣に恐怖する人々でしたが、そんな混乱を納めたのは一人の少女が発した「怪獣のおじちゃんが助けに来てくれた」という言葉だったのです。

そんな怪獣8号に課せられた使命は、増援隊が限界を迎える前に、怪獣9号を討伐することであり、彼はその命令に短く答えて、怪獣9号と拳を交えます。

怪獣8号は「防衛隊式格闘術」を駆使して戦闘を進めますが、かつて四ノ宮功を取り込んだ怪獣9号には通用しないように思われました。

しかし、保科宗四郎はそれを予測済みであり、自身の家に伝わる「保科流格闘術」をカフカへ伝授すると同時に、防衛隊式格闘術と組み合わせることを提案していたのです。

防衛隊式格闘術と、未知の保科流格闘術を交えた新たな戦闘術を身に着けたカフカは、かつて最強を誇った男の戦闘術を超え、怪獣9号に一撃を浴びせるのでした。

 

怪獣8号の106話の見どころは?

怪獣8号106話の見どころは、やはり宿敵怪獣9号との激しい戦闘シーンですね。

迫力のあるカメラワークと背景、そして拳の応酬を描いたバトルシーンは、静止画である漫画であるにも関わらず、躍動感抜群です。

怪獣8号と怪獣9号による「防衛隊式格闘術」での激闘で飛び散る瓦礫や、ぶつかり合いで発生する衝撃の表現もかなり秀逸で、思わず息を飲むほどでした。

また、怪獣8号が新たに見せた格闘術も見どころの1つでしょう。

ここにきて、怪獣8号は保科宗四郎によって伝授された「保科流格闘術」を用い、防衛式格闘術を進化させるのです。

大ゴマで見せつけられた新技「隊式格闘術3式異型 双破・改」のシンプルながらに、洗練されたビジュアルも印象的ですね。

ハッキリ言って、1ページ目から最後の24ページ目まで全てが見どころと言っても過言ではない内容でした。

 

怪獣8号の106話の感想

怪獣9号と怪獣8号のド迫力のぶつかり合いと、怪獣8号こと日比野カフカの新技が登場するなど、内容盛り沢山で漫画106話は公開されました。

そんな106話を閲覧したファンの人たちは、SNS上にてこのように感想を述べています。

やはり戦闘シーンのアツさに言及している人も多い中、カフカの新技披露のきっかけを作った保科宗四郎にも注目が集まっています。

開眼しながら真剣な表情で放たれた「四ノ宮功を超えに行くぞ」というセリフに痺れたファンも多いようですね。

また、指摘として「戦闘シーンが同じ」「コピペ」という発言もちらほらと見られました。

確かに良く見れば似たようなシーンがいくつかあり、流れや内容自体は非常に秀逸な分、気になってしまうのは惜しい部分でしょう。

総じて、気になるシーンはありながらも、迫力のある戦闘シーンと、保科宗四郎に惚れ込んだという感想が多かったと言えます。

 

怪獣8号107話最新話で9号と8号はどっちが勝つ?

怪獣8号107話最新話ネタバレ確定!9号と8号はどっちが勝つ?

怪獣8号の最新話は隔週金曜日に公開されており、107話の更新は2024年5月24日の公開が予定されています。

では、そんな怪獣8号の最新話107話ではどのような物語が展開されていくのでしょうか。

気になる怪獣9号と怪獣8号の戦いの結果や、怪獣の存在に対する根本的な疑問や、主人公である日比野カフカの正体などを詳しく解説していきます。

また、当記事は2024年5月9日時点で執筆を行っているため、実際に公開された内容とは相違がある場合もあるためご了承ください。

2024年5月24日に公開予定の107話とは内容が違う可能性もあり、それを考慮した上で参考にしていただければ幸いです。

「最新話が今から待ち遠しい!」という人は、考察を読みつつ、その気持ちを高めていってください。

 

怪獣8号の107話最新話ネタバレ!9号との戦いの行方は?

106話にて、宿命の相手とも言える2体の識別怪獣、怪獣8号と怪獣9号が拳を交えることになりました。

怪獣9号はかつて力と記憶を奪った防衛隊最強の男の力を、怪獣8号は仲間より伝授された力を用いた新たな戦闘術で戦闘を進めていますね。

怪獣9号が登場した当初は、当時の戦力では歯が立たないような相手でありました。

しかし、怪獣8号も成長を重ね、多くの人の想いを背負ったことで、それに匹敵するレベルの戦闘能力を有する存在となっています。

そんな怪獣8号と怪獣9号の戦いですが、107話では決着がつくことはないと予想されるでしょう。

ジャンプ+の漫画は1話のページ数が少なく、始まったばかりの戦闘を終わらせるほどの展開は行えないと考えられます。

そのため、怪獣8号と怪獣9号の対決は次回108話にまでお預けになるとは思いますが、現状の展開上、怪獣8号優勢で進行すると思われますね。

 

怪獣8号の107話最新話ネタバレ!怪獣の正体とは?

怪獣8号の世界における怪獣は「ある日世界に突然現れて、そこにある全てに襲い掛かる巨大な生き物」だと定義されています。

古い時代から突然現れ、存在理由も意義も現状何もわかっていない、本作の怪獣の正体とは一体どのようなものなのでしょうか。

この手の特撮ヒーロー系ジャンルの作品に登場する怪獣の成り立ちとしては、主に以下のようなものがあります。

  • 環境汚染や化学兵器など、何らかの外的要因によって異常な変化を遂げた生物
  • 宇宙から飛来した侵略者などによって使役される生物兵器(ペット?)
  • 古来から地球に存在する超常的な生き物

作品の内容から見て、恐らくは1番目の理由である「何らかの外的要因で異常進化した生物」が怪獣であると推測されるでしょう。

そして、怪獣9号の登場や言動から、怪獣は強敵と相対することで徐々に進化を重ね、「人間」に成り代わる新たな地上の頂点になろうとしているのではないかと推測されます。

従って、怪獣は最初はどうあれ、知能を手に入れると同時に人間を排して、地上を支配する存在になりたいと考え始めた新たな知的生命体なのではないかと考えられますね。

怪獣9号が人間と大差ない大きさであることや、知能や人の言葉を扱うという点も、この説を裏付ける証拠になるでしょう。

 

怪獣8号の107話最新話ネタバレ!カフカの正体は?

怪獣8号における謎の1つとして、謎の小型怪獣によって怪獣8号に変身する力を手に入れた主人公「日比野カフカの存在」もあるでしょう。

小型怪獣はまるでカフカを探していたかのような言動を取っている他、識別怪獣兵器に対して強い殺意を抱くような描写もありました。

また、カフカはなぜか防衛隊のスーツなどの、装備を使いこなしているかの数値である「解放戦力」が驚異の0%と、前代未聞の異常数値を叩き出しています。

以上の通り、カフカ自身には未だ多くの明かされていない謎が眠っており、考察が進められている状況です。

そんなカフカの正体や彼周辺の謎については、以下のような考察が存在しました。

  • 実は序盤に登場した小型怪獣は未来のカフカで、未来の壊滅的状況を変えるために過去へとタイムスリップしてきた存在
  • 防衛隊スーツは人間用のものであり、カフカがその能力を引き出せないのはカフカの肉体が完全に怪獣になっているから

小型怪獣の正体はまだ推測の段階ですが、カフカの肉体が完全に怪獣である説は、怪獣10号襲撃時にカフカの心臓部に「核」があったことからも濃厚なものです。

カフカは小型怪獣と一体化したことで、既に人間をやめているという可能性がありますね。

 

まとめ

怪獣8号107話最新話ネタバレ確定!9号と8号はどっちが勝つ?

怪獣8号は2020年7月3日からジャンプ+で連載が開始され、2024年4月からはアニメ化もされた、松本直也先生執筆の人気漫画作品です。

ジャンプ+の看板作品として人気を誇る本作の最新話である107話が、2024年5月24日から無料で読めるようになると予定されています。

ついに拳を交え、激しい戦いを繰り広げる怪獣8号と怪獣9号ですが、どっちが勝つのでしょうか。

そんな怪獣8号の最新話107話の確定ネタバレ内容や、その根底に関わるネタバレ設定などを詳しく公開及び考察していきます。

怪獣8号と怪獣9号の激闘はどっちが勝つのか、そもそも怪獣とはどのようなものであり、カフカの正体とは何なのか。

これらについて、確定した要素やネタバレなどを交えて細かく見ていきましたので、ぜひチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました