財閥家の末息子のOST一覧!ダウンロードできるのはどこで予約方法は?

財閥家の末息子のOST一覧!ダウンロードできるのはどこで予約方法は?
Pocket

2022年末に韓国で大ヒットしたドラマ「財閥家の末息子」、OST(オリジナルサウンドトラック)にも注目が集まりました!

OSTの一覧が見たい!
ダウンロードしたいけど、どこでできる?
予約方法が知りたい!

この記事は「財閥家の末息子」のOST一覧、どこでダウンロードできるのか、予約方法についてもご紹介します。

すっかり「財閥家の末息子」にハマっているという方はもちろん、これから見ようと思っている!という方も、ぜひOSTも確認してみてくださいね。

 

財閥家の末息子のOST一覧!

まずは「財閥家の末息子」について、確認しておきましょう。

「財閥家の末息子」は、スンヤン財閥一家のオーナーリスクを管理する秘書ユン・ヒョヌが財閥家の末息子ジン・ドジュンとして転生し、2回目の人生を生きるファンタジードラマです。

秘書ユン・ヒョヌと財閥家の末息子ジン・ドジュンの二役を人気俳優ソン・ジュンギが演じ、最高視聴率26.9%と大ヒットしました。

そんな、ドラマ「財閥家の末息子」のOSTですが、ドラマによくマッチしていると評判が高いです!

収録されている曲は、次の通りです。

  1. GRAVITY – ジョンホ (ATEEZ)
  2. MOTHER – シン・ヨンジェ (2F)
  3. あなたを愛している – ソ・ダヒョン(tripleS)
  4. Like a Star – ムン・スア (Billlie)
  5. In The End – キム・ウジン
  6. 奇跡のような君 – プルキム
  7. Love me – 4MEN
  8. Black Out (Open Title)
  9. A Massive Plot
  10. Last Opportunity
  11. Reversed Life
  12. End Game
  13. Memory
  14. Darker Change
  15. A Lonely Time
  16. Alone
  17. Broken Trust
  18. Fateful Blood
  19. Impossible
  20. Nice Plan
  21. Destiny And Tears
  22. Waiting
  23. Nervous Disposition
  24. Plan For Success
  25. Wild Attack
  26. Who Was Killed
  27. Savior
  28. Secret Of Memory
  29. Have A Delight
  30. In Trouble
  31. Overcome The Dark
  32. Light In The Darkness
  33. Final Victory
  34. Savior Of Life
  35. Deep Blue
  36. Sad Revenge
  37. The Revenge
  38. Angry Chairman
  39. Miracle Waves
  40. Lost in Memories
  41. Despair Tension
  42. Who Was Killed Me(Orchestra ver)
  43. Identity (Ending Title)

全43曲で、歌唱曲7曲とスコアトラック36曲で構成されています。

ボリュームたっぷりで聞きごたえがありそうですね!

特に話題となったOSTを、次に詳しくご紹介します。

 

①GRAVITY/ジョンホ(ATEEZ)

「財閥家の末息子」のOSTの1曲目は「Gravity」です。

8人組ボーイズグループ「ATEEZ」(エイティーズ)のジョンホが歌っています。

ジョンホはATEEZの最年少メンバーながら、伸びのある高音域と歌唱力に定評のあるメインボーカルです。

OSTである「Gravity」の歌詞では、悲劇的な運命をGravity(重力)に例え、その運命に悶えるチン・ドジュン(ソン・ジュンギ)の姿が描かれていると言われています。

サビ部分の歌詞を和訳でご紹介します。

「早く目覚めて

運命を連れてきて

Boy, can’t you see, deny your gravity

僕は飛んで行く

しがらみから抜け出して

Boy, can’t you see, deny your gravity」

作品の最後に短く流れただけにも関わらず、大きな反響があったそうです。

作品の世界観とジョンホの伸びのある歌声がよくマッチしており、印象的な曲ですね。

 

②Mother/シン・ヨンジェ

「財閥家の末息子」のOST、2曲目は「MOTHER」です。

人気ボーカルデュオ「2F」のシン・ヨンジェが歌っています。

シン・ヨンジェは、「悪の花」・「還魂」・「君を憶えてる」など人気ドラマのOSTに何度も参加しており、その歌唱力は高い評価を受けています。

今回の「MOTHER」は、「Gravity」とは違ったテイストで、アコースティックな伴奏と優しい歌声が印象的です。

サビ部分の歌詞を和訳でご紹介します。

「どんな花も世界のどんなもの

君の前では光を失うよ

この宇宙の中で ただ一つ僕に

その懐を明け渡した人

You are wonderful to me, ooh.You are beautiful~」

ユン・ヒョヌ(ソン・ジュンギ)の母への愛が込められた曲です。

 

③あなたを愛してる/ソ・ダヒョン(tripleS)

「財閥家の末息子」のOST、注目の3曲目は「あなたを愛してる」です。

「tripleS」のソ・ダヒョンが歌っています。

tripleSは韓国で結成された、日本人も含む多国籍な24人組女性アイドルグループです。

サビ部分の歌詞を和訳でご紹介します。

「私はまだあなたを 忘れられないみたい

バカみたいにあなたを 待っているの

覚えていてよ(覚えて)

私のまた別の自分の姿を

お互いに望んだ愛を

このまま離さないわ」

第7話のエンディングに使われています。

「あなたを愛してる」の歌詞は、ソ・ミンヨン(シン・ヒョンビン)の思い出の中に生きる恋人チン・ドジュン(ソン・ジュンギ)への想いが表現されていると言われています。

ゆったりしたテンポと柔らかい歌声で、優しくも切ない曲に仕上がっています。

まだ19歳とは思えない、ソ・ダヒョンのそっと語りかけるような歌声が印象的ですね。

 

④Like a star/ムン・スア(Billlie)

「財閥家の末息子」のOST、注目の4曲目は「Like a star」です

「Billlie」のムン・スアが歌っています。

Billlieは2021年に結成された韓国の7人組女性アイドルグループです。

サビ部分の歌詞を和訳でご紹介します。

「Like A Star

濃い闇の中でも

一番輝いている人は あなたなの

遠い将来 記憶されるはず

お互いがお互いのすべてだった

このすべての日が 奇跡なの

Like A Star」

「Like a star」はチン・ドジュン(ソン・ジュンギ)に惹かれるソ・ミニョン(シン・ヒョンビン)の心を表現した曲と言われています。

ゆったりしたメロディーにムン・スアのハスキーボイスがマッチし、印象に残る一曲に仕上がっています。

ムン・スアは、所属するBilllieではメインラッパーですが、今後はボーカルの曲も増えそうな歌唱力ですね。

ちなみにムン・スアのお兄さんは、人気男性グループ「ASTRO」のムン・ビンなんですよ。

 

財閥家の末息子のOSTをダウンロードできるのはどこで予約方法は?

「財閥家の末息子」OST(オリジナルサウンドトラック)は、2023年1月12日に全43曲がApple musicでデジタル配信されました。

また、iTunes Storeでの購入も可能です。

既に配信・発売されているため、特に予約などは不要です。

Apple musicは月額制のサブスクリプション型の音楽配信サービスなので、月額使用料を支払うことで全曲聞き放題です。

iTunes Storeでは曲ごとの購入は1曲153円ですが、アルバム全体の購入では2,444円とお得になっていますよ。

お好きな方法を選んでくださいね。

 

財閥家の末息子のOSTの感想や評判は?

「財閥家の末息子」のOSTはドラマ同様、非常に評判がいいようです。

ドラマの世界観によく合っているという声も多いですね。

ドラマが放映された際は、OSTにも注目が集まり、「#Jongho2ndOST」のハッシュタグがツイッターのトレンドにも上がったそうです。

ドラマが高視聴率を獲得したのは、OSTの良さもあったのかもしれませんね。

今なら全曲が配信・発売されているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

 

まとめ

この記事では、人気韓国ドラマ「財閥家の末息子」のOSTの一覧と、ダウンロードできるのはどこなのか、予約方法までご紹介しました。

ドラマを既にご覧になった方は、OSTを聞くと、その世界観にまた引き込まれるかもしれませんね。

また、これからドラマを見る予定という方は、OSTでの予習もおススメです。

皆さま、OSTの一覧と、ダウンロードできるのはどこなのか、予約方法までご紹介したこの記事を活用して、「財閥家の末息子」をさらに楽しんでみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。