甘く痺れて抜けない、義兄の棘の最新話ネタバレ!感想・評価も紹介

甘く痺れて抜けない、義兄の棘の最新話ネタバレ!感想・評価も紹介 漫画

「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

Pocket

八重代七湖先生作「甘く痺れて抜けない、義兄の棘~駿ちゃん、大好きです・・・~」は、王道TLコミックでありながら複雑な人間関係の描写が大人気の漫画。

2024年6月29日時点で第5巻まで発売中、最新話は90話まで公開されています。

今回はこの漫画の何が人気なのか、気になる読者の感想や評価、最新話のネタバレから人気の秘密を深掘りしていきますよ。

実際に読んだ方の感想や評価を知れば、あなたも作品を読んでみたくなること間違いなしです♪

ネタバレも含めて「甘く痺れて抜けない、義兄の棘~駿ちゃん、大好きです・・・~」の世界を覗いてみましょう。

 

甘く痺れて抜けない、義兄の棘の最新話をネタバレ!

本作のメインカップル、五十嵐瑠璃と五十嵐駿は1歳差の義兄妹。

まだ小学生の頃に両親の再婚によって一緒に過ごしてきた二人ですが、現在は同じ大学の違う学部に通っています。

世間的には兄妹という関係ながら二人は周囲に内緒で恋人関係を結んでおり、二人の他には瑠璃の親友・葵のみしか知りません。

地味目ながら美人な瑠璃と絵に描いたような爽やか好青年の駿が、人目をはばかりながらも愛を確かめ合う様子は胸キュンと少しの背徳感を感じさせる注目ポイント!

メインカップルの二人だけでなくいろいろな登場人物に焦点が当たっていく物語の展開で、読む人を飽きさせずワクワクしながら読み進めることができます。

ここからは第1巻から最新第5巻まで、がっつりネタバレしていきますので楽しみにしてくださいね♪

 

甘く痺れて抜けない、義兄の棘の1巻のあらすじをネタバレ

第1巻は、物語のプロローグのような立ち位置で、登場人物の人格や周囲との関係などが描かれる話が多く収録。

ヒロイン瑠璃は人見知りで控えめな女の子で、義母である駿の母とはあまりいい関係を築けておらず、朝ごはんやお弁当は全て自分で手作りしています。

朝キッチンを使っていると、鉢合わせた義母に「こんな時間に使うのは迷惑」と邪険にされてしまう始末。

過去には義母の大切にしていた食器をうっかり割ってしまい、激しくられるシーンも・・・。

瑠璃はそんな義母との関係を駿には内緒にしており、心配してくれる友人の葵にも「大丈夫」と笑顔でごまかします。

葵は瑠璃の中学生の頃からの親友で、唯一瑠璃と駿の関係を知っていますが、実は彼女は瑠璃に対して瑠璃に対して特別な想いを抱いていました。

今作ヒーローである駿は爽やかイケメンで器用に何でもこなすオールマイティ。

周囲からはあまりに爽やかすぎて、「アッチのほうも淡白そう」と噂されています。

ところが彼は瑠璃に対してだけは淡白どころかかなり執着的で、自宅のキッチンでエッチな行為に及ぶなど非常に情熱的な男。

まだ最後まで致していないのが驚きなほど、ねっとりと瑠璃を可愛がる様子は必見です。

瑠璃が他の男と話しているのを見かけただけで嫉妬してしまう場面もあり、強い独占欲が垣間見えます。

しかし彼は中学生の頃、同級生の野水とセフレ的な関係を持っていました。

過去の回想ではバッチリ野水との濡れ場が描かれていますが、その時の駿は噂通り淡白で冷たい印象を与えます。

瑠璃に対しているときと、野水に対する時で全く様子の違う駿も見どころです。

駿のセフレ・野水は、中学では有名な才色兼備の女の子。

誰からも憧れられる野水ですが、駿のことが本気で好きで彼女を自称しています。

そのため駿の心の多くを占める瑠璃が邪魔で仕方なく、いわゆる「悪女」的な描かれ方をしているキャラクターです。

1巻では、誰もいない図書室などで人目を忍んでいちゃいちゃする瑠璃と駿も描かれており、その背徳感にドキドキしてしまいます。

2巻へつながるストーリーでは、誰もいないところでしか恋人同士のふれあいができない二人が遠出デートを楽しむ様子が描かれており、二人の甘々な関係を見ることができますよ。

 

甘く痺れて抜けない、義兄の棘の2巻のあらすじをネタバレ

第2巻では、駿と瑠璃のお泊りデートだけでなく、駿の母で瑠璃の義母・翠のエピソードや、瑠璃の親友・葵の過去編まで描かれ、群像劇的要素が増してきます。

デートに出かけた先でトラブルに巻き込まれ、急遽宿泊することになってしまった瑠璃と駿。

二人での初外泊、瑠璃はドキドキしすぎてキャパオーバー気味に。

これまでもエッチな触れ合いは何度もしていますが、最後まで行為をすることはなかったため、瑠璃は初めての行為を意識しすぎて挙動不審になってしまいます。

瑠璃の様子がおかしいことに気が付いた駿は、ついさっきまで激しく瑠璃を求めていた手を止め「嫌がることはしない」と離れて行ってしまいました。

ぎこちなくなってしまった関係に焦る瑠璃は、関係を修復するため勇気を出して自分から行動を起こします。

一方駿の母・翠は、出先で偶然元夫・駿路と再会。

ここで瑠璃の父・隼人、翠、駿路の三人が幼馴染であったことが発覚します。

そして亡くなった瑠璃の実母・珊瑚に対し、翠は何か激しい感情を持っている様子で、話題に出るのも嫌がる様子で・・・?

瑠璃と翠の関係が悪い原因にもつながる一幕です。

さらに物語は葵視点の過去編へ。

葵は頭もよくクールな女の子ですが、実は過去にかなり荒れていた時期がありました。

そんな葵が瑠璃と出会うことで変わっていき、瑠璃に惹かれていく描写は胸が切なくなります。

 

甘く痺れて抜けない、義兄の棘の3巻のあらすじをネタバレ

第3巻は、駿視点の過去話から始まります。

駿の両親は物心ついた時には家庭内別居状態で、幼い駿でさえ離婚して当然と思うような関係でした。

そんな環境で育ったからか駿はかなり冷めた性格で、瑠璃と初めて顔合わせをした時も「挙動不審で変な奴」ぐらいにしか思いません。

しかし、純粋に兄を慕って後ろを追いかけてくる瑠璃と接していくうちに、冷めた駿の心はだんだんと溶かされていきます。

この回想では、瑠璃が小学校時代不登校だったことも判明し、二人それぞれに重たい過去が垣間見えるシーンです。

中学生になると、かなり偏差値の高い高校への進学を目指す駿についていくため、瑠璃は一生懸命に勉強をします。

駿に勉強を教えてもらいながら、二人の仲はどんどん縮まっていきました。

さらに中学生時代では、駿のセフレ野水の激ヤバなシーンが!

駿と瑠璃の距離の近さに嫉妬した野水は、これまでも陰から瑠璃に対して陰湿ないじめを行っていました。

しかし嫉妬が頂点に達した結果、なんと瑠璃に男性をけしかけて犯させようとするんです。

中学生という幼さであまりのゲスな行動に、これには読者もドン引き。

野水はもう出さないでほしいという意見もかなりみられました。

 

甘く痺れて抜けない、義兄の棘の4巻のあらすじをネタバレ

第4巻では、過去編が高校生時代に突入し、序盤はまさかの野崎視点スタート。

付き合っているはずなのに蔑ろにされる野水はナンパしてきた男たちを断り切れず、複数人でセックスまでしてしまいます。

駿は野水と付き合っていますが、彼女の浮気を知っても無関心どころか頭の中は瑠璃でいっぱい。

恋心にはまだ無自覚なものの、無意識に瑠璃ばかりに執着心を抱いています。

一応付き合っている関係なのに、駿の野水への態度はあまりにも冷たく見えますが、野水の中学時代のヤバい所業を知っていると何とも言えない気持ちになりますね・・・。

一方、結局女子高に進学した瑠璃は喫茶店でバイトを始めることに。

駿への気持ちを我慢している瑠璃は、彼に対しぎこちない態度で接します。

なぜ避けられるのか分からない駿は、瑠璃が喫茶店の店員と付き合っているという噂を聞き激しい嫉妬に襲われ、独占欲が爆発。

さらにうっかり着替え中の瑠璃を覗いてしまってからは体にも変化が!

また葵の瑠璃への感情が明白に分かるシーンも描かれ、一途に瑠璃を想う葵と、他の女性と付き合いながらも義妹への想いが溢れてしまう駿との対比が絶妙です。

 

甘く痺れて抜けない、義兄の棘の5巻のあらすじをネタバレ

高校時代、友人に指摘されて初めて瑠璃への想いに気が付く駿。

これまで無自覚だった分、自覚してからの想いはさらに膨れ上がり、性欲も掻き立てられる様子はある意味年相応で健全です。

ところが外出先で瑠璃が駿の彼女だと間違われた際、瑠璃は駿が野水と付き合っているのを知っているとカミングアウト。

義妹だからと、これまでも気持ちを我慢してきた瑠璃は駿から離れようとします。

瑠璃の態度が許せない駿は、声を荒げてしまい大げんかに!

その結果みるみる体調を崩してしまった瑠璃が倒れてしまい、駿は慌てて介抱しながら過去にも同様の出来事があったことを思い出すのでした。

5巻の見所はなんといっても、瑠璃への感情を自覚した駿が野水との関係を終わらせるために行動するシーン。

また義母の翠も息子たちの関係について何やら勘づいた様子を見せ、ハラハラした展開が続きます。

もちろんエッチなシーンもちゃんとありますよ♪

 

甘く痺れて抜けない、義兄の棘の感想・評価も紹介

続きが気になる「甘く痺れて抜けない、義兄の棘~駿ちゃん大好きです・・・~」ですが、第6巻の発売はもう少し先になりそうです。

続きの購入を悩んでいる、最初から読んでみたいけど悩んでいる、という方は、すでに読んだ人の感想や評価を参考にしてみましょう!

この作品を高評価している読者の方の感想をご紹介します。

女の子が可愛いです。

大切にされてる感じがキュンとします。

早く続きがみたい!

よくありがちな義兄妹の恋愛と思いきや、意外と奥が深いお話でびっくり!
ただただ純粋に溺愛ものかと思ったけど、それだけじゃない内容に目が離せません!!

ちょっと束縛強めの男子が好きならオススメです。

モジモジ女子とモテ男子のお話。

えちえちはあくまで添え物で、人間関係、ストーリー重視の物語です。

未成年の学生なので完璧じゃないし、読者をイラつかせる展開もありますが、それは逆に年齢に合ったリアルさを感じさせます。

時間軸に振り落とされないように気をつけて読むと楽しめます。

 

高評価コメントでは、「女の子がかわいい」「ストーリーがいい」といった意見が多くありました。

ただストーリーの進行の仕方が独特で、題材自体がセンシティブな内容なのもあり、中には好みから外れている人もいたようです。

るりちゃんは素直で可愛いしお兄ちゃんの溺愛っぷりも好きだけどちょっと話が飛びすぎと言うか場面がコロコロ変わるのが?ってなるかな。

内容を入力してください。現在と過去のお話しが出てきますが、少し分かりづらく、読みにくいです。

義母は不愉快だし、野水さんは中2であれとは恐ろしい子です。

TLには癒やしを求めているので脱落です。

 

現在と過去が交互に描かれる作品なので、しっかり読まないと物語の主軸を見失ってしまい、そのせいで読みにくいという意見が出た様子。

少々重めの話のため、キラキラキュンキュンした恋愛を求めている場合は注意が必要そうです。

逆に登場人物像を深く掘り下げていく、ストーリー重視の作品が好きな方にはとてもおすすめですよ♪

 

甘く痺れて抜けない、義兄の棘の最新話が読めるサイトは?

「甘く痺れて抜けない、義兄の棘~駿ちゃん、大好きです・・・~」は単行本で5巻まで、単話版で90話まで購入可能!

デジタル版の作品を読むことができるサイトはこちらです。

  • コミックシーモア
  • めちゃコミック
  • まんが王国
  • pixivコミック
  • ebook japan
  • piccoma(アプリ)
  • BookLive
  • BOOK WALKER
  • Renta!
  • DMMブックス
  • 紀伊國屋書店Kinoppy
  • LINEマンガ
  • U-NEXT

大人向け漫画なので、サイトによっては年齢認証や会員登録が必要な場合があります。

大抵のコミックサイトは会員登録が無料でできるほか、お得な割引システムもあるので活用してみましょう!

めちゃコミックは5話まで完全無料で読むことができ、さらに会員登録すると40話まで毎日1話ずつ無料で読むことができるのでおすすめですよ。

 


まとめ

「甘く痺れて抜けない、義兄の棘~駿ちゃん、大好きです・・・~」の最新話ネタバレと、読者の感想・評価をお伝えしました。

最新話では展開に深みが増し、続きがさらに待ち遠しくなってしまいます。

実際に作品を読んで楽しんでほしいため、今回まとめたネタバレでは意図的に省いた部分やあいまいにしている部分も多くあります。

また感想や評価にはいろいろな意見があるのが普通なので、あくまで作品選びの参考として見てみてくださいね。

「甘く痺れて抜けない、義兄の棘~駿ちゃん、大好きです・・・~」はとてもおすすめな作品なので、ぜひご自分でも読んでみてください♪

 

タイトルとURLをコピーしました