ワンオクTaka三浦春馬への歌の意味は?Chaosmythと関係を紹介

ワンオクTaka三浦春馬への歌って何?Chaosmythの意味と関係を紹介

Pocket

ワンオクのTakaさんが三浦春馬さんに向けて歌った曲『Chaosmyth』が、話題になっているのはご存じですか?

ワンオクファンであればどの歌のことを言っているのかが分かりますが、詳しく知らないという方も多いですよね!

そこで今回は、ワンオクTakaさんが作った三浦春馬さんへの歌とは何のことを言っているのかをご紹介いたします!

また『Chaosmyth』の意味や、この歌が三浦春馬さんとどう関係しているのかも解説していきますね!

「今までは聞き流していただけ」という方も、この曲の意味を知ることでグッとくるものがありますよ♪

それでは、ワンオクTakaさんの作った『Chaosmyth』という歌の意味と、三浦春馬さんの関係性について見ていきたいと思います!

 


ワンオクTaka三浦春馬への歌の意味は?


それでは、早速ワンオクTakaさんが三浦春馬さんに向けて歌った曲が何なのかをご紹介していきたいと思います♪

ワンオクTakaさんが作った曲をたまたま聴いて、Youtubeのコメント欄に『三浦春馬さん』の文字がたくさんあったことで気になった方も多いですよね!

その歌というのが、『C.h.a.o.s.m.y.t.h』というTakaさんが作詞された、ワンオクロックの楽曲の一つです。

実はこの歌が、三浦春馬さんに深く関係している歌なんですよ♪

こちらの曲は、2011年にワンオクが出したアルバム『残響リファレンス』に収録されているものです。

ワンオクはアルバムを出した時に周るツアーでは、あまりこの歌を歌っていなかったのでどういう意味が込められているのかを深く知らない方も多いと思います。

ですが!この歌がワンオクのファン以外にも、知られるきっかけになったことがあるんです!

それが、2020年10月に行われたワンオクロックのオンラインライブ『Field of Wonder』でした♪

なぜ、このオンラインライブで三浦春馬さんと関係しているということが有名になったのか、解説していきたいと思います!

 

2020年10月のワンオクのオンラインライブで歌った?

『Chaosmyth』が大きく取り上げられて、話題になったのはワンオクが行った『Field of Wonder』というオンラインライブを行ったことがきっかけです!

1年に1度くらいのペースでツアーをしているワンオクですが、2020年は皆さんご存じのとおりコロナの影響でライブができる状況じゃなかったですよね。

そんな中でファンに勇気を与えるためにも、ということで開催したこちらのライブ♪

ですが、このライブを開催する前に三浦春馬さんが亡くなり、日本中が悲しみに溢れていましたよね。

実はこのライブで、ワンオクのTakaさんが亡くなった三浦春馬さんに向けて歌った歌が2曲ありました。

1つが『Re:もう一度』という曲で、もう一曲が『Chaosmyth』だったんです!

『Chaosmyth』を歌っているときのTakaさんは何度か空を見上げており、曲終わりには英語で三浦春馬さんの名前とメッセージが書かれていました。

ワンオクTakaさんから、三浦春馬さんへの追悼の意味でこの歌を歌ったのかもしれません。

それでは、なぜワンオクのTakaさんが三浦春馬さんに向けてこの歌を歌ったのか、『Chaosmyth』という曲にはどういう意味があるのかが気になりますよね。

ここから、ワンオクTakaさんと三浦春馬さんの関係と、曲名の意味について詳しく解説していきたいと思います!

 


ワンオク『Chaosmyth』三浦春馬との関係を紹介

ここまで、ワンオクTakaさんが『Chaosmyth(カオスミス)』を三浦春馬さんに向けて歌い、なぜ話題になったのかまで分かりましたね!

ワンオクのライブでは基本的には、アルバムの曲がメインで昔に出している曲を歌うことってあまりないんです!

それではなぜ、オンラインライブで三浦春馬さんの名前を出して、2011年に出した曲を歌ったのでしょうか?

実は、『Chaosmyth』という曲はTakaさんの仲のいい友人たちに向けて作ったものなんです!

そして、その仲のいい友達に三浦春馬さんも含まれています。

ワンオクTakaさんと三浦春馬さんは、芸能事務所アミューズで同じで、年齢も2歳しか変わらないんです。

ワンオクTakaさんは、三浦春馬さんの悲しい出来事が報道されたときに、Takaさんのインスタグラムにも三浦春馬さんに向けての思いを書いていました。

それでは、Takaさんは今回話題になったようにライブでは三浦春馬さんに向けて歌っておりましたが、どのような経緯でこの曲を作ることになったのでしょうか。

ここから、『Chaosmyth』を作った経緯と、詳しい意味をご紹介していきたいと思います!

 

Takaが『Chaosmyth』を作った経緯は?

ワンオクTakaさんが『Chaosmyth』を作ったきっかけは、前述のとおり友人たちに向けた曲を作りたかったということです!

2021年現在Takaさんは33歳なので、『Chaosmyth』を作ったころは23歳ですよね♪

23歳というと、大学を卒業してここから社会人になるという、新たなスタート地点に立つ方が多いです。

また、23歳は『大人』という意識を持ち始める時期ではないでしょうか?

そんな新たなスタート地点に立つ仲間に向けて、作ったとされている曲なんです♪

歌詞を実際に聴いてみても、Takaさんの仲のいい友人たちへのメッセージがとても伝わってきます。

前述のとおり、その友人たちの中に三浦春馬さんも含まれているんです。

2011年の頃の三浦春馬さんというと、既に多くのドラマや映画に引っ張りだこでテレビで見ない日がないほどでした!

また、三浦春馬さんご本人も俳優を辞めようとした時期でもあったとお話しされているんです。

そんな仲間を励ますためにも、Takaさんが「一緒に頑張っていこう」というエールという思いが込められているのかもしれません♪

 


親友たちのイニシャルが由来?

Takaさんが『Chaosmyth』を作った経緯を見ただけでグッときた方が多いかもしれませんが、ここからさらに隠された意味をご紹介していきたいと思います!

『Chaosmyth』という英語は無く、『chaos:無秩序な』と『myth:神話』が掛け合わされた単語です。

そして『Chaosmyth』には、Takaさんの思いが詰まっていると分かることが隠されているんです!

実は『Chaosmyth』は、仲のいい友人に送った歌という意味だけでなく、その友人たちの名前の頭文字を取っています♪

『残響リファレンス』という2011年にリリースされたアルバムの歌詞カードの最後に、その友人たちへのメッセージと名前が書かれていました。

それを一覧にしたので、確認していきましょう!

  • C:Ken Callさん
  • H:Ikedaさん(名前に”H”が入ってる?)
  • A:Atsushiさん
  • O:Osamu Ikedaさん
  • S:Shouhei Miuraさん
  • M:Momoさん
  • Y:Shintaro Yamadaさん
  • T:Takeru Satoさん
  • H:Haruma Miuraさん

この中に、三浦翔平さん、山田親太朗さん、佐藤健さん、三浦春馬さんの名前があることに気づきましたか?

Takaさんは仲良しであるこの方たちに『Chaosmyth』という歌を送ったんです。

この4人の俳優さんたち以外の方は、恐らくTakaさんの一般人の友達ですね!

『Chaosmyth』は、Takaさんがこの仲のいい友人たちへの思いがたくさん詰まっている、とても素敵な曲なんです♪

Chaosmythの歌詞にTakaさんの友人たちへの思いがどんな風にあらわされているのか気になりますよね!

\今すぐChaosmythを視聴する/

Chaosmythの歌詞をチェックする

さらに!ワンオクのTakaさんの歌声に魅了されて大好きになったという方は、Chaosmythだけでなく他の曲もいつでも聴けるようにしておきたいですよね♪

そんな方におすすめなのが、Amazon musicなんです!

Amazon musicは、アマゾンプライム会員になれば無料で制限なしで楽しむことができる、音楽好きにとってはたまらないサービス♪

通常であれば1か月無料のところが、今だけ3か月無料でお試しできるめちゃくちゃお得なキャンペーン実施中!

いつまでこのお得なキャンペーンが続くか分からないので、今のうちに要チェックです!

\Amazon Musicに登録する/

今すぐAmazon musicに登録

 


まとめ

ここまでワンオクTakaさんが三浦春馬さんに向けての歌とは何なのか、『Chaosmyth』の意味と関係についてご紹介いたしました。

一度は聴いたことがある方が多いかもしれませんが、この記事の内容を見てからもう一度聴いてみてください♪

今まで聴いていた時とは違う感情が生まれるかもしれませんよ!

また、『Chaosmyth』を聴いたことがない方も、歌の意味と三浦春馬さんとの関係も分かってから聴くと、きっと特別なものになります♪

この記事を見て、ワンオクや『Chaosmyth』という歌、さらに三浦春馬さんとTakaさんの関係について興味を持っていただけたら嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました!